今回は守破離を意識しよう
について解説していきます。
 
詳しくは動画をご覧ください。

守破離とは

守破離とは、
日本の武道や茶道・古典芸能など
師弟関係のあり方の1つとして
受け継がれている教えです。
 
何かを極めようと思ったときに
 
・守る
・破る
・離れる
 
の3段階を踏むことが大切だと
言われています。
 
それぞれについて解説していきます。

守る

まずは「守る」ですが
これは「真似る」段階です。
 
師匠の教えを守り忠実にその流儀や作法を
再現するための練習をひたすらする
段階ということです。
 
ここが1番難しいと言われています。
 
まずはそのままの状態を素直に自分に
受け入れるということが必要となります。
 
ここではすぐに結果に結びつきにくい場合も
多いのですがどんなプロでもまずは
この「守」から入ります。
 
ここでどれだけ基礎・基本を自分のものに
出来るかがポイントとなります。

破る

次に「破る」は、
「考える」という段階です。
 
基本を繰り返すことで身についた
「型」や「基礎」を自分のものにした上で
自分の考えもプラスしていく段階です。
 
型破りなんて言葉がありますが、
型が出来ているから破れるものであって、
型がもともとなければ破ることもできません。

離れる

最後の「離れる」は、
「卒業」とか「独自のものへ進化」という段階です。
 
今までの「守」や「破」を自分のオリジナルへと
発展させて独自性を確立する段階ということです。

1番大切なのは「守」の部分

特にネットビジネスの場合は、
それなりに社会で色んな経験をしてきてから
行うことが多いです。
 
それぞれの知識や経験をしてきているので、
最初から自分なりの考えを含めて考えがちな人も
多いように思います。
 
まずは、自分が教えてもらったことを忠実に
守って基礎を固めることが重要だと思います。
 
自分なりの考えを捨てて、師匠から言われたことを
100%やってみることで型が出来上がります。
 
そしてこの「守」が完成されてから、
自分の考えや自分なりのやり方を考えていきます。
 
例えば、自己流を試してみたり、
自分に合った型を探してみる、
今までのセオリーに逆らってみるなどですね。
 
そこで結果を出せれば、
今度は独自性を確立していくための「離」の
段階になります。
 
ここまでくれば、もう形にとらわれない新しい型を
創造し独自の境地を開いて行けるのです。
 
守破離の中でも私は「守」が1番重要だと思います。
 
守破離を意識することであなたのビジネス成功に
向けてさらなるスピードアップとなることでしょう。