今回はQUESTの法則について解説していきます。

QUESTの法則とは

QUESTの法則とはコピーの型となる
項目の頭文字をとったものになります。
 

  • Q(Qualify)適任である
  • U(Understand)理解する
  • E(Educate)教育する
  • S(Stimulate)刺激する
  • T(Transition)移行する

 
となります。
 
それぞれについて解説していきます。

Qualifyについて

Qualifyは適任であるとか資格があるという意味になります。
 
コピーでいうとヘッダー部分になります。
 
私だったらあなたの悩みを解決できると宣言する部分になり
ここではBenefitを使います。
 
Benefitは下記のページで詳しく解説しています。
↓ ↓ ↓
USP・Benefit・Hookの意味を知ろう
 
また、メルマガなどでは冒頭部分になるので、
あなたの悩みを解決できると暗に示します。

Understandについて

Understandでは理解するとか共感するという意味になります。
 
ここでは読者さんと信頼関係の構築します。
 
信頼関係を構築するためには
あなたの自己紹介をストーリーで語ります。
 
例えば、
 
(1)パソコンが得意だから1日15時間作業して年収が1億円になった【☓】
 
(2)PCを使えない私でも師匠と出会って3ヶ月で月収が50万円になった【○】
 
例として短い文章ですが、
(2)が自己紹介としては適切です。
 
理由は、パソコンが得意だったからと思われますし
1日15時間も作業出来る人はなかなかいないので、
理解されにくいですし、共感されにくいです。
 
なので(2)ような自己紹介の方が適切です。

Educateについて

Educateは教育するとか紹介するという意味になります。
 
ここでは問題の解決策を提示して、
より読者さんと信頼関係を強めていきます。
 
ここでは、
 

  • テストモニュアル
  • 実績などの証拠
  • 商品の特徴

 
などを明示します。

Stimulateについて

Stimulateは刺激させるとか興奮させるという意味になります。
 
ここではBenefitを使い、希少性・限定性・特典などで
読者を扇動していきます。

Transitionについて

Transitionは移行するとか変遷するという意味になります。
 
「お申し込みはこちら」と読者を
お申し込みフォームに移動させます。
 
値段・保証・追加の推薦文・追加の特典などを明示します。
 
 
QUESTの法則を理解することで美しいコピーの形を
形成し、より反応が取れるコピーを書くことが
出来るようになります。