今回はネットビジネスと恋愛は一緒?3つの秘密について
解説していきます。

コピーライティングと恋愛は一緒

好みの相手に好かれたい場合はどうしますか?
 
それは相手が好きな自分になることです。
 
筋肉質な人が好きと聞けば頑張って筋トレする
 
髪は短髪が好きと聞けば髪を切る
 
これが恋愛ですね。
 
ビジネスも一緒で相手に合わせることが大事になります。

ネットビジネスも対面ビジネスも一緒

インターネットを使ったビジネスでも
その先には人がいることをしっかり意識する必要があります。
 
このブログも実際に見ているあなたのことを考えて書いています。
 
コピーライティングで最も重要なことは
 
共感されているか?
 
が一番重要になります。
 
例えば、以下の2つのコピーのうちどちらに共感しますか?
 
・肌荒れが長年消えないのはあなたのせい!
 
・肌荒れが長年消えないのは○○が原因だった!あなたは悪くない!
 
明らかに下の文章のほうが共感されると思います。
 
この共感を意識して文章を作ることが重要です。

ターゲットは複数ではなく一人

コピーを書くときは必ず、
多くの人にあてる「皆さん」ではなく
一人に向けた「あなた」と書きます。
 
これは不特定多数にメッセージを書いているのはなく、
メッセージを読む「あなた」に書いているからです。
 
そうすることでより共感を得ることができます。

初心者には「ペルソナ」は向いていない

ターゲットを絞る手法としてペルソナというものがあります。
 
例えば、
36歳、男性、年収380万円で家族は4人、子供は3人で
男の子1人に女の子が2人、最近家を購入してローンが
後25年残っていて・・・など
 
特定のターゲットを絞りに絞りこんで、
詳細な1人を作り上げマーケティングをしていきます。
 
これはたしかにマーケティングの手法としては有効ですが、
大量の資金があり大量の顧客データを分析できてこそ
成立つ手法といえます。
 
これをいきなりのマーケティング初心者が
やるととても難しいですし、
 
そのペルソナを外してしまって、
全く商品が売れないということもありえます。

ネットビジネス初心者のターゲィング方法

これは、相手が初心者か経験者かでわけるといいです。
 
初心者だったら、「簡単」「片手間」「短期」で
儲かる商品にニーズがあります。
 
経験者であれば経験者が持っている「悩み」を
解決する商品を売れます。
 
 
このようにネットビジネスも先には人がいることを
よく理解してコピーを作るように意識しましょう。