今回は人間の本質に迫るGDTの法則について
解説していきます。

GDTの法則とは

人間の本質的な欲を3つにわけたものが、
GDTの法則になります。
 
下に行くほど欲求として強くなります。
 
・Goals(目標)
・Desires(願望)
・Teasers(本性)
 
それぞれの頭文字をとってGDTの法則と呼ばれます。
 
それではそれぞれについて解説をしていきます。

Goals(目標)について

Goalsも3つに分けることができます。
 
・Time (時間)時間をかけたくない
・Money(お金)お金がほしい
・Effort (努力)努力したくない
 
それぞれコピーとして利用するなら
 
Time → 1日5分の
Money → 月収30万稼げる
Effort → 簡単な作業で
 
「1日5分の簡単な作業で月収30万円稼げる」
 
となります。

Desires(願望)について

Desiresも3つに分けることができます。
 
・Greed (貪欲)富・名声・名誉が欲しい
・Lust (好色)美しくなりたい・モテたい
・Comfort(快適)苦痛から逃れたい
 
それぞれコピーとして利用するなら
 
Greed → 世の中の女性から羨ましいと称賛され
Lust → 理想のボディーで男性の目が釘付け!
Comfort → 今のどんより体型とは今日でお別れ
 
世の中の女性から羨ましいと称賛され
理想のボディーで男性の目が釘付け!
今のどんより体型とは今日でお別れ
 
となります。

Teasers(本性)について

Teasersも3つに分けることができます。
 
・Curiousity (興味)興味、好奇心
・Controversy(物議)反社会的、好奇心
・Scarcity  (希少)限定性、希少性
 
それぞれコピーとして利用するなら
 
Curiousity → その極意を
Controversy → 食事制限するほど痩せられない?
Scarcity → 限定10名にだけ公開
 
食事制限するほど痩せられない?
その極意を限定10名にだけ公開!
 
となるわけです。
 
 
GDTの法則をすべてコピーに使うようにしましょう。
 
逆にGDTの法則を使わないとコピーとして弱く感じることが
多いのでコピーのチェックをする際に注意してみましょう。