今回はコピーライティングの基礎編について
解説していきます。

コピーライティングとは

「文章で人の感情をゆさぶり行動させる」ことを
コピーライティングといいます。
 
文章の力だけでどれだけの人の感情を揺さぶって振り向かせ、
どれだけの人に商品を買ってもらえるかを決めるのが
コピーライティング能力になります。
 
この感情を揺さぶるというのがポイントとなります。

コピー次第で商品の売上が激変する

どんなに素晴らしい商品でも魅力が伝わらないと売れません。
 
コピーライティングはその魅力を伝えるためのものです。
 
以下のコピーを比較してみてください。
 
(1)この機器であなたの肩こりを改善しませんか?
 
(2)トントンと気持ち良い刺激とリズムが
肩周辺の血液循環を良くして、
長年の悩みだったら肩こりを解消し、
毎日を笑顔で過ごしませんか?
 
あなただったらどっちのコピーが響きますか?
 
ほとんどが(2)と回答すると思います。
 
上記の例の場合は、肩こりが改善することで
毎日を楽しく過ごせるというところまで
イメージできます。
 
そして感情が動いた頃に、
今なら限定価格39,800円と申し込みボタンを
用意しておけば売れます。

コピーライティングを極めるのは難しいの?

結論からいうと、極めることは素晴らしいですが、
極める必要はありません。
 
知識がある=優秀と思われがちなんですが、
ビジネスは結果が出れば良いので多くの知識はいりません。
 
収益に結び付く、最低限のコピーライティングの知識さえ
あれば月収100万円以上稼ぐことができます。
 
そして極めるにしても極めるにはキリがありません。
 
まずはちゃんと稼ぐことを意識しましょう。

コピーライティングとDRMを学ぶことの意義

情報発信をして稼ぐという人が増えていますが、
これはDRMでいうブランディングと集客の部分にあたります。
 
DRMはダイレクト・レスポンス・マーケティングの略になります。
 
DRMについては下記のページで詳しく解説しています。
↓ ↓ ↓
DRMについて
 
これに合わせてコピーライティングを学ぶことによって
月収100万円以上稼ぐことが可能になります。
 
ただ情報発信しているだけでは稼げません。
 
コピーライティングとDRMを学びましょう。
 
くれぐれも深く追求して学ぶ必要はないので、
ポイントを抑えて実践していきましょう。