今回はキャラ設定で大切なことについて解説していきます。
 
キャラ設定を間違えてしまうと、
どれだけいい情報発信をしても
どれだけいいコンテンツを提供しても
上手くいかないことがあります。
 
なので初期の段階からしっかりとキャラ設定ができていると、
後々楽ですしあなたの読者さんやユーザーさんと信頼関係を
構築しやすくなります。

間違ったキャラ設定していませんか?

ビジネスとしてしないほうがいいキャラ設定としては、
 
・アニメキャラ
・お調子者キャラ
・素を出しすぎキャラ
 
になります。
 
それではそれぞれについて解説していきます。

アニメキャラ

アニメキャラでは、
前提としてアニメオタクをターゲットに
しているのであればいいのですが、
 
一般商品の販売や情報商材を販売するなど
ビジネスをする際にはアニメキャラはNGとなります。
 
これは一般的に信憑性や信頼性が低く見えてしまうので、
あなたから買いたいと思う人が圧倒的に
少なくなってしまう可能性があるからです。

お調子者キャラ

お調子者キャラなんですが、
特に初期の段階ではやらないほうがいいです。
 
メルマガとか、物販サイトの場合だと
特に読者さんやユーザーさんは悩みが深いです。
 
本当に悩みを解決したいと思っているのに、
お調子者キャラで、
 
・過剰なウケ狙い
・チャラチャラした感じ
 
だと信頼性に欠けてしまいます。
 
なので基本的には真面目なキャラでするのが
ビジネス的だといえます。

素を出しすぎキャラ

素を出しすぎキャラなんですが、
これは素を出すのは良くないと言う意味ではありません。
 
必要以上に素を出す必要はないということです。
 
必要以上に無駄な情報を出しすぎると
話の深みや信用性が欠けます。
 
ただ、素を出さなすぎると読者さんやユーザーさんとの
距離が遠いまま近づけないということにもなりますので、
この距離感を意識することが重要となります。
 
なので、いきなり素をどんどん出していくのではなく、
小出しにしていけば上手くブランディングすることが
できます。
 
 
このようにキャラ設定で読者やユーザーに与える影響が
大きいので、ブランディングを意識してキャラ設定する
ことが重要となります。